3D TIMON3D TIMON

樹脂編

TIMONで使用する各樹脂データについての概要説明です
代替品の選び方
樹脂データの解析結果への影響

対象者:現在TIMONをご利用の方。もしくはこれからご利用になる方

※教育内容については予告無く変更する場合がありますので、ご了承ください。

樹脂材料の概要

TIMONで扱う樹脂の特徴と種類について説明致します。
  • 樹脂材料の分類
  • 熱可塑性樹脂
  • 結晶性樹脂と機械的特性
  • 結晶性樹脂の種類と特徴
  • 非結晶性樹脂の種類と特徴
  • 強化樹脂材料
  • 強化材の種類の性状

第二章 樹脂データ項目の概要

樹脂データ項目の概要。
  • 相変化における仮定
  • 溶融粘度
  • No-flow温度
  • PVT特性
  • 比熱
  • 熱伝導率
  • 熱伝達率
  • 密度
  • 固化温度
  • ヤング率
  • 線膨張率(ベースレンジ、強化材)

第三章 樹脂データの取り扱いについて

各モジュールでの樹脂データの扱いを説明します。
  • 充填解析
  • 保圧・冷却解析
  • 物性解析
  • そり解析

第四章 CAE解析の為の樹脂データ測定

CAEで解析する為の樹脂データ測定の方法についてのガイドラインを説明致します。
  • 固化温度
  • No-flow温度
  • 溶融粘度
  • 溶融密度
  • 比熱
  • PVT特性
  • 弾性率(ベースレンジ)とボアソン比
  • 線膨張係数

第五章 樹脂データ精度が解析結果に及ぼす影響について

樹脂データの各項目が大きく変動した場合に、解析結果にどのような変化をもたらすかを評価します。
  • 結晶性樹脂での評価結果

第六章 解析に必要なデータ項目のまとめ

解析に必要なデータ項目を表で紹介します。


COPYRIGHT (C) 1985 - 2004 TORAY INDUSTRIES, INC. COPYRIGHT (C) 2004 - Toray Engineering Co.,Ltd.