HOME > 定期教育のご案内 > 結果評価編

3D TIMON3D TIMON

結果評価編

解析結果評価についての概要説明です
解析結果を設計段階への役立て方
簡単なモデルにて、実験計画法による設計変数の感度分析
射出成形CAE導入の効果、業務改善のポイント
導入成功例

対象者:現在TIMONをご利用の方。もしくはこれからご利用になる方

※教育内容については予告無く変更する場合がありますので、ご了承ください。

第一章 解析結果評価技術概要

TIMONの解析目的と実際の違いについて説明します。
  • 解析をする目的
  • 解析と実際の違い

第二章 解析の準備

解析の準備について説明します。
  • 解析の準備とモデルの作成
  • 樹脂データと冷媒データ
  • 解析条件

第三章 解析結果

各モジュールでの樹脂データの扱いを説明します。
  • 充填解析
  • 保圧・冷却解析
  • 物性解析
  • そり解析

第四章 実験計画法

解析を利用した実験計画法を例を交えて説明します。。
  • 実験計画法

COPYRIGHT (C) 1985 - 2004 TORAY INDUSTRIES, INC. COPYRIGHT (C) 2004 - Toray Engineering Co.,Ltd.