HOME > ニュース > 2011年1月5日
 

2010年度 3D TIMON お客様交流会のご報告


 先般、2010年11月19日(金)に、2010年度の3D TIMON お客様交流会を無事開催する事が出来ました。
今年は、東京会場(東京コンファレンスセンタ−品川)での開催に加え、東京会場からのライブ配信により
名古屋会場(東レ株式会社名古屋事業場内 オートモーティブセンター)でも開催しました。

当日は、東京会場へは200名近く、名古屋会場には60名近くのお客様が足を運んで下さり、
貴重なお時間を頂き誠にありがとうございました。

本年度の交流会発表の内容は下記の通りです。


【東京会場内の様子】
交流会の会場_東京
【名古屋会場内の様子】
交流会の会場_名古屋

【開会挨拶】

弊社 エンジニアリング事業本部長 常務取締役 河村良一からの開会の挨拶により
2010年度交流会が開催されました。

河村事業本部長


【CAEソフト事業について】
  • 市場動向
  • 2010年の活動状況
  • 開発トピックス(精度向上への取組、3次元CAD連携、大規模対応)
  • 今後の開発計画
弊社 エンジニアリング事業本部 CAEソフト事業部長 中野 亮より発表をさせていただきました。

中野事業部長
【新製品と新規開発について】
  • 2010年リリース商品のご紹介
  • 今後の開発内容のご紹介
東京会場 同事業部 技術課技師 岡田 有司/加藤 光章、
名古屋会場 同事業部 技術課主任技師 山田 高光/技師 菊池 泰志より発表させていただきました。

新製品と新規開発について
今後の開発内容のご紹介

【新技術紹介】

東北大学 航空宇宙工学専攻
 岡部 朋永 先生
 【繊維強化プラスチックスの変形と強度に関するマルチスケールモデリング】
  − 先進複合材料におけるマルチスケールモデリングについて、Google Earth等の
    身近なツールを例に、興味深くご紹介していただきました。


【お客様活用事例のご発表】

キヤノン株式会社 インクジェットデバイス第一技術推進室
 室長 松井 真也 様
 【3D T-CHECK 活用事例紹介】
  − 3D T-CHECKを用いた製品設計によるコストダウンについて、ご発表をいただきました。

株式会社タムロン 基礎開発本部 基礎開発三部CAE課 
 斎藤 岳幸 様
 【タムロンにおける樹脂流動解析への取り組み】
  − タムロン様での現在の取り組みや、今後の取組みをご発表をいただきました。

トヨタ車体株式会社 第1生産技術部 第1化成技術室
 榊原 隆生 様
 【3D TIMON-TetMESH の大物部品への適用】
  − 大物部品に対しての、3D TIMON-TetMESH、Light3Dを使用した事例について、
    ご発表をいただきました。


【協力会社のご発表】

3D TIMON 韓国地区総代理店 CAEpro Co., Ltd.
 CEO Mr. Gilbert Lee
 【Technology Issue in Korea】
  − 韓国での3D TIMONを活用した事例を、ご発表をいただきました。

株式会社アルゴグラフィックス
 ソリューション事業部長 深田 徹 様
 【CATIAとTMD LightWARPとの連携】
  − CATIAとTMD LightWARPの連携について、ご発表をいただきました。


【懇親会】

18:00〜20:00 同会場の3Fレストランにて、秋田県工業技術センター鎌田様の
乾杯の挨拶をもとに和やかな雰囲気で行われました。
懇親会風景
●●●最後になりましたが、今後とも、より良い交流会を目指していきたいと思いますので、
何卒よろしくお願い申し上げます。●●●



COPYRIGHT (C) 1985 - 2004 TORAY INDUSTRIES, INC. COPYRIGHT (C) 2004 - Toray Engineering Co.,Ltd.