HOME > ニュース > 2011年12月2日
 

2011年度 3D TIMON お客様交流会のご報告


拝啓 晩秋の候、ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

 先般、2011年10月7日(金)に、3D TIMON お客様交流会を無事開催終了する事が
出来ましたので、ご報告させて頂きます。
本年度は、昨年度と同様に東京・名古屋の2拠点で同時配信を行いました。
当日は、200名を超えるお客様が東京と名古屋の会場まで足をお運び頂きました。
盛況な交流会を開催出来ましたこと、改めてお礼申し上げます。
                                                  敬 具

                                    東レエンジニアリング株式会社

                                    CAEソフト事業部長 中野 亮


交流会発表の内容は下記の通りです。

13:00より開会 弊社 代表取締役社長 河村 良一 の挨拶ではじまりました。
河村事業本部長

-以下挨拶文紹介-

 東レエンジニアリングの河村でございます。
本日はお忙しい中、3D TIMONお客様交流会にご出席いただき、まことにありがとうございます。
昨年から引き続き、本日の交流会もここ東京会場と名古屋会場をネットワークで結び、同時中継する形で
開催しております。本年も両会場あわせて200名程の皆様にご参加いただきました。高い所からでは
ございますが、改めてお礼申し上げます。
 本年は3月の大震災によって多くのお客様が直接的・間接的な被害にあわれ、現在も復興に多大な努力
を払われています。さらに最近の歴史的な円高によって国内産業は大きな痛手を被り、構造変革を強く
迫られている状況と認識しています。こうした状況のもと弊社としましても、ケミカルプラントからLIB
など各種生産設備、そしてCAEに至るまで、お客様と共に変革を進めるパートナーとしてエンジニアリング
ソリューションをご提供してまいりたいと考えております。特にプラスチック成形加工の分野では省エネや
環境対応の要請が強まり、軽量化や省資源につながる新たな成形法や新規材料の活用が広がっています。
3D TIMONはこうした新たなニーズに対してもしっかりお応えして参りますので、ぜひご意見ご要望を
お聞かせいただきますようお願いいたします。

 さて本日は、3D TIMONのメッシュ生成ソフトの開発者でもいらっしゃいます米国カーネギーメロン大学
嶋田 憲司教授より、CAEの最新状況についてたいへん興味深いご講演を頂く予定です。またお客様からの
ご講演として中谷商工株式会社 能澤 孝明様、三菱電機株式会社 今泉 賢様、TSテック株式会社
内海 吾郎様、また弊社パートナーでもいらっしゃいますNTTデータエンジニアリングシステムズ 酒井 仁史様
より貴重なご発表をいただきます。ご発表の皆様にはお忙しい中ご協力をいただき、心より感謝申し上げます。
それでは皆様、本日は長時間になりますが、ごゆっくりお過ごしいただき、ぜひ活発なご議論を通じて
有意義な情報交換の場にしていただけますよう、よろしくお願いいたします。
以上簡単ではございますが、開会の挨拶とさせていただきます。


◆【新製品と新規開発について】
CAEソフト事業部技術課開発チーム、 岡田有司・廣井正人・加藤光章より、下記の内容にて発表させて
頂きました。
  • 3D TIMON 9.3
  • 精度向上関連のトピックス
  • 熱硬化性樹脂測定サービス
  • 他社システム連携
  • システム関連
  • 大規模モデル対応Pre/Post
新製品と新規開発について

本年度の基調講演とお客様事例発表は下記の内容になります。

◆【基調講演】
米国在中のカーネギーメロン大学より嶋田憲司教授に来日頂きまして、
【デジタルエンジニアリングの技術動向と最近の話題】と題して、貴重なご講演を頂きました。

◆-1【事例発表】
中谷商工株式会社 技術統括部 課長 能澤 考明 様 より、
【セット取り多点ゲート製品の樹脂充填バランス最適化】について貴重な事例発表を頂きました。

◆-2【事例発表】
三菱電機株式会社 生産技術センター 専任 今泉 賢 様より、
【粘弾性特性を考慮した成形収縮シミュレーション】について貴重な事例発表を頂きました。

◆-3【事例発表】
テイ・エス テック株式会社 二輪技術部 設計課 内海 吾郎様より、
【開発効率UPに向けた流動解析の適用】貴重な事例発表を頂きました。

◆ご協力会社の株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズ AMソリューション部 酒井 仁史様より、
   【金属積造型機の現状と金型への応用】についてお話を頂戴致しました。


閉会式は、弊社 CAEソフト事業部長 中野 亮からの挨拶にて、2011年度の交流会の幕を閉めさせて
頂きました。長時間の講演になりましたが、講演内容が充実していたとのお客様からの声を沢山頂いた、
本年度の交流会でした。


【懇親会】

交流会終了後は、東京・名古屋会場にて、ささやかながら懇親会を設けさせて頂きました。
2時間程の短い時間でしたが、お客様の交流の場として、和やかな、温かい、貴重な時間を
過ごす事が出来き、懇親会も無事終了致しました。
懇親会風景
◆2012年度も、お客様へご満足頂ける交流会を企画して参りますので、来年のお越しを社員一同、
お待ち申し上げております。




COPYRIGHT (C) 1985 - 2004 TORAY INDUSTRIES, INC. COPYRIGHT (C) 2004 - Toray Engineering Co.,Ltd.