HOME > ニュース > 2016年4月12日
 

VDI-Mannheim "Plastics in Automotive Enginnering2016" 参加報告


 2016年3月8日(水)、9日(木)にドイツのマンハイム・カンファレンスセンターにて、
ドイツ技術者協会(VDI)主催の“Plastics in Automotive Engineering 2016”に参加してきました。
カンファレンスセンターは、ライン川の沿いにあるマンハイム中央駅の直ぐ近く、
周辺は公園として整備された非常に立地条件の良い場所にありました。

001


 本会には、ドイツの大手自動車OEMがほとんど参加されており、
OEMやTire1による約50の技術発表がなされたカンファレンスと樹脂メーカーや計測・加工メーカーなどや
約100社による展示会場が併設され、2日間で1,500名(推定)の来場がありました。
 参加費が日本円で19万円強と高額なためか、学生さんや若手の方はほとんど見られず、
年配の方が多く見受けられました。
 技術発表や展示場では、主に自動車軽量化に向けた成形技術や材料開発に関連して、
CAEを活用した事例が多数見られ、ヨーロッパ自動車業界での積極的に
CAEが活用されていることを感じることができました。

002

003


 展示会には、東レ欧州事務所、東レ・レジン・ヨーロッパ、東レ・インターナショナル・ヨーロッパ)の
東レグループ3社で展示ブースを設置し、3DTIMONも同ブース内にて複合材成形CAEや熱履歴を
考慮した変形・応力状態の予測といった最新技術のプレゼン動画展示しました。

004


 当社の競合であるA社の代理店の方がブースに来られ、色々と話を聞かれていきました。
海外ではまだまだ知名度が低い3DTIMONですが、欧州においてもご活用いただける様、
今後範囲を広げて活動していきます。


以上

COPYRIGHT (C) 1985 - 2004 TORAY INDUSTRIES, INC. COPYRIGHT (C) 2004 - Toray Engineering Co.,Ltd.