HOME > 3D TIMON製品紹介 > 事例紹介 > マルチノズルでの充填解析事例

樹脂流動解析ソフトウェア 3D TIMON樹脂流動解析ソフトウェア 3D TIMON

マルチノズルでの充填解析事例

通常の射出成形でバンパーやインパネなどの大物製品を成形する場合、
射出ユニット(射出装置)は1つですが、ホットランナーを使用し、複数のゲートを配置し、
各ゲートからの射出量をバルブゲートにて変更して、射出圧力・型締力やウェルドを制御することが行われます。

マルチノズルでの射出ユニット成形は、複数の射出ユニットを備え、各ユニットから異なる速度(射出率)で
樹脂を射出できる成形であるため、ホットランナー+多点バルブゲートよりも柔軟に成形条件を
制御することができます。このため、大物製品の成形に用いられています。

3DTIMONでは、複数の射出ユニットを作成し、それぞれのユニットに異なる樹脂温度・速度(射出率)
初期射出からの遅延時間などを設定することで、この成形方法をシミュレーションすることが可能です。

解析条件設定

マルチノズル解析

充填解析結果

COPYRIGHT (C) 1985 - 2004 TORAY INDUSTRIES, INC. COPYRIGHT (C) 2004 - Toray Engineering Co.,Ltd.