3D TIMON®技術者認定制度開始のご案内


一般にCAEソフトウエアによる計算結果は、境界条件や入力条件の影響を大きく受けます。3D TIMONにおいても、材料データ、成形条件、メッシュ分割などの設定によっては妥当な結果が得られないことがあります。
また、3D TIMONの解析結果を正しく評価して、有効に活用するためには、樹脂・成形の知識やバックグラウンドとなる理論の理解も必要になります。このような知識・技術は、OJTを中心に、技術者あるいは部署単位で 独自に工夫して習得されていることが多いと思われますが、業界における到達レベルが可視化しにくいことが課題でした。
そこで、3D TIMONを利用する技術者の定量的な力量評価を目的とし、3D TIMON技術者認定制度をスタートします。

■お客様メリット
 解析技術の向上を図ることができる。
 自社、解析担当者の技術レベルを定量的に確認できる。
 自分たちが正しく3D TIMONを理解し、活用できているか確認できる。
■受験資格
 3D TIMONユーザーの方
■認定試験の範囲
 解析結果活用のレベルアップに向け有効な資格とするため、3D TIMONの操作面のみならず、各レベルに応じて射出成形・樹脂材料・解析理論など
 多岐におよびます。
■認定試験の方法
 各レベルに応じて、Web形式のみ、Web形式と実技課題(レポート作成)のケースがあります。
■試験結果の連絡
 合否については、試験実施後、理解度テストは1週間、実技テストは3週間を目安に受験者へ電子メールで報告します。
 採点結果とコメントは受験者にフィードバックします。
■認定証
 合格者には認定証を発行します。
 

認定レベルおよび取得要件

各レベルに求められる能力および取得要件は以下のとおりです

認定レベルおよび取得要件



シルバーレベル

▶認定試験実施時期:2024年8月

受験資格と定期教育(操作編)のご案内

シルバー資格




理解度テストの内容

シルバー理解度テスト

定期教育の詳細やお申し込みはこちらをご覧ください。
教育・研修(定期教育)



ゴールドレベル

▶認定試験実施時期:2024年9月

受験資格と定期教育(樹脂編・結果評価編)のご案内
 

ゴールド資格




理解度テストの内容

ゴールド理解度テスト




実技課題の内容

ゴールド実技テスト

定期教育の詳細やお申し込みはこちらをご覧ください。
教育・研修(定期教育)




プラチナレベル

▶認定試験実施時期:2025年度の開催を予定しています。

表示の同期機能の拡張




スケジュールのイメージ

定期教育の受講から採点結果報告までのスケジュールイメージ

新規物性計算手法の追加


認定試験のお申し込み

認定試験の受験をご希望の方は、下のボタンから認定試験申し込み書をダウンロードいただき、ご記入の上、弊社宛てにe-mailでお申し込みください。

  • お申し込みされる方おひとり様ぶんの申込内容を入力ください。複数名で参加される場合は、お手数ですが複数回に分けて送信ください。

認定試験申込書ダウンロード




※既に操作教育を受講されたお客様で、最新の操作教育テキストをご希望される場合は、担当営業までお問い合わせください。


免責事項
当サイトと認定試験は、東レエンジニアリングDソリューションズ株式会社(以下、当社)がお客様へのサービスの一環として運営しています。
認定試験のお申し込み及びその後の資格のご利用については、利用者ご自身の責任において行ってください。当社はその正確性および完全性を
保証するものではございません。
資格の利用に基づいて被ったいかなる損害について、当社は一切責任を負うものではございませんのであらかじめご了承ください。

貴社の樹脂成形の
課題解決をサポートします。

製品・サービスのご質問、お見積り、
デモなど、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ